漫画好き主婦が読んでおもしろかったマンガ(電子コミック)

主婦になっても漫画大好きです。そんな私が読んでおもしろかったマンガのあらすじやネタバレ・感想をまとめてみました。

代理母戦争【漫画】あらすじ・ネタバレ・感想|嫁VS姑 狂気の家

漫画「代理母戦争」は、初めて広告で目にしたときに、衝撃的でずっと気になっていた漫画です。

けど、義母など義理家族ものの漫画は、実体験を思い出し、気分が悪くなるので避けていました。

ですが、今回半額の誘惑に負けて、ついつい購入してしまった漫画です。

「代理母戦争」のあらすじやちょこっとネタバレ・感想を紹介します。

「代理母戦争」ってどんな漫画?

作 漫画・おしん 原作・AMG出版 
ジャンル 女性漫画  
出版社  AMG出版
掲載雑誌 鬼女DX

結婚三年目。夫の実家で姑と同居中だが、なかなか子どもに恵まれず姑からの嫌味にうんざりし離婚も考えていた。 姑による排卵日チェック!マムシ汁の強要!私は産む機械じゃない!やがて孫ほしさに姑が実行した恐ろしい計画とは…!?孫を渇望するがゆえの狂気の姑劇場、開幕!

 

「代理母戦争」のあらすじを読む前に

 本編を読む

 

「代理母戦争」あらすじ・ネタバレ

「代理母戦争」あらすじ

結婚三年目の主人公・明子は、夫と共に夫の実家で姑と三人の生活をしていた。

執拗に孫を欲しがる姑に、毎日せっつかれ、そのやり方は次第にエスカレートしていく。それに耐えきれなくなった明子は、家を出る決心をするも・・・。

 

「代理母戦争」ネタバレを読む前に

⇒ 本編を読む

 

「代理母戦争」ネタバレ

主人公・浜崎明子(26歳)は、近所のスーパーでパートをしている。一つ年上の会社員の夫と三年前に結婚し、夫の実家で姑と三人で暮らしていた。

舅は四年前に他界。今年50歳になる姑は、家を相続し、遺族年金も手にして、悠々自適な生活を送っている。

パートから帰宅した明子に、姑は言った。

「遅かったのね。産婦人科には寄ってきたの?」

結婚三年目だが、子どもに恵まれず、姑にせかされる毎日だった。

 

妊活の本を広げ、孫をせっつく姑。

「そういえば明子さん。基礎体温計はきちんとつけてるの?」

「たしか・・・今日排卵日よね?」

姑の言葉にぞっとする明子。

逃げるように自室に戻ると、そこには精力剤が置いてあった。

そして、義母が原因で離婚も視野に入れていたため避妊具を使用していた明子だが、それにも細工がしてあった。

 

帰宅した夫に義母のことを告げると、軽くあしらわれ、夫は姑の味方をする始末。

こんな状況では子供は欲しくなかった明子だった。

そんな時に、夫は半ば無理やり明子に関係をせまる。

そのことをきっかけに明子は家を出ていこうと画策しはじめる・・・。

しかし、突然義母から、孫のことはあきらめたから、世界一周旅行に行ってくると言われ、結婚以来、はじめての夫婦水入らずの生活が始まった。

 

夫と二人の生活に幸せを感じる明子。こんなに穏やかな日々が続くならもう少しこの家にいてもいいかもしれない。

そう思い始めた明子だった。

そこへ義母が帰宅し、また三人の生活が始まった。

しかし、帰宅した義母は以前と少し変わっていて、なんだか様子がおかしい。

不審に思う明子だが、自分への実害も特になく、それほど気に留めることはなかった。

そんなある日、義母に異変が起きる・・・。

 

 

「代理母戦争」に興味を持ったら

⇒ 本編を読む

 

「代理母戦争」を読んだ感想

ふ~ん・・・なるほど・・・という感じでわりと淡々と読めました。正直、異常な義母の行動によく我慢して今まで暮らしてきたなあ・・・すごいなあ・・・。

しかも、ラストってどうなの!?

気持ち悪すぎて、ありえないんですけど・・・。私はいやだな・・・。とてもじゃないけど、この夫とは暮らしていけない。

離婚しない理由が、経済的なことを言ってたけど、なんで?って感じです。だって、子どももいないまだ26歳の若い健康な女性ですよ。

なんとでもなるじゃない。

もうね、この辺の感覚からこの主人公の明子も相当ヤバい人間ですよ。感覚おかしいって。

なんか、ラストは感動的な方向に持ってきてるけど、無理がある気がします。

作者というか、出版社の考え、おかしくない?私が相当義母アレルギーがあるせいでしょうかね?

半額でなければ、損した気分になります。

はっきり言って、読むだけ損です。おすすめしません。

 

それでも「代理母戦争」に興味を持った方はどうぞご自由に。

⇒ 本編を読んでみる

この漫画に興味のある人に、おすすめの漫画記事一覧  

syufu-manga.hatenablog.com
syufu-manga.hatenablog.com