漫画好き主婦が読んでおもしろかったマンガ(電子コミック)

主婦になっても漫画大好きです。そんな私が読んでおもしろかったマンガのあらすじやネタバレ・感想をまとめてみました。

セブンティウイザン2巻(前半)あらすじ・ネタバレ・感想

セブンティウイザンってどんな漫画?

作者はタイム涼介先生という方で、新潮社のBUNCHコミックスにて連載。その衝撃的な設定からメディアでもとても話題となった漫画作品です。

セブンティウイザン2巻のあらすじ

定年退職を迎えた江月朝一(65歳)と妻、夕子(70歳)は超高齢妊娠を経て、無事に女の子(命名・みらい)を出産した。

ほっとしたのも束の間で、超高齢子育てをすることとなる。はじめてのことばかりに、まさかの事態続出で夫婦はてんてこ舞い。

果たして二人はどんな困難に立ち向かい、どんな幸せにめぐり合うのか? 

 

「セブンティウイザン」を無料試し読みする

 

セブンティウイザン2巻(前半)のネタバレ

9話 陽だまりの時間

無事に出産を終え、女の子が誕生した朝一と夕子。朝一は早速市役所に出生届を提出に行った。

そこで、窓口の女性職員は、父母の年齢を見たときに、一旦退席する。どうも産院に連絡し本当の父母かどうか確認しているようだった。

「なんのこれしき想定内だ」

そう心の中でつぶやき、職員の失礼な態度にも動じない朝一。

 

役所での手続きを終え、夕子とみらいのいる病院へ向かう朝一。

かわいい我が子に喜び、夕子の体を案じる。母乳が出ないと悩む夕子に

「完璧じゃないから不幸せ。そんなことはなかっただろ?俺たち」

そう優しい言葉をかける。そして、何よりもミルクをあげられる幸福をしみじみと感じる朝一。

「この時間をくれてありがとう」

10話 30グラムの幸せ

夕子とみらいの退院の日が近づき、懸命に部屋を掃除する朝一。ベビードレスを用意し産院へ向かった。

ところが、そんな朝一に夕子は申し訳なさそうに伝えた。

「退院が延びるかもしれないの」

「体重がなかなか増えなくて まだ生まれた時よりだいぶ少ないの」

 

出産にばかり気を取られていて、産後の赤ん坊のことを知らずにいた夕子は、さっそく朝一に頼んで、育児書を買ってきてもらう。

愛しい娘のためにもいい母でありたい。そんな思いが夕子から溢れていた。

11話 みらいがウチにやって来た

いよいよみらいの退院が決まり、我が家に迎え入れることとなった。

はじめてのベビーベッド。慣れないおむつ替え。教科書通りのミルク作り。

難関の沐浴と、夫婦二人、二人三脚の育児の始まり。

 

そして、最大の難関、新生児との夜。これからはもう、見守ってくれる看護師たちはいない。完全に二人だけの育児だ。

二人は寝静まったみらいのベッドの傍らから離れられないでいた。

「眠たくてもみらいの泣き声を聞くと血が騒ぐのよ」

そういう夕子に朝一は思った。

(これが比喩ではない本当の母性本能なんだな・・・)

12話 15分間の息継ぎ

帰宅した朝一は、足音を立てぬようにゆっくりと我が家の廊下を歩く。もちろん、みらいを起こしたら大変だからだ。

夕子とみらいが眠る部屋にそっと入る朝一。よく眠っている夕子の首筋に触れ思わず脈をとってしまう。

「生きてるわよ。自然な流れで脈をとらないで」

そう、夕子に怒られてしまう。

 

赤ん坊の寝かしつけは本当に大変で、やさしく抱っこし、子守歌やお話をきかせる。

ようやく寝たかと思って、ベッドに置くと、途端に火が付いたように泣き出す始末。

だんだんと夕子の顔色にも疲れが現れてくる。

そんなとき、朝市は、夕子に買い出しを頼むことにした。 

 

「セブンティウイザン」を無料試し読みする

セブンティウイザン2巻(前半)を読んだ感想

いよいよ子育てはじまった~って感じですね。

2人とも高齢だけど、今まで育児をしたことがあるわけではないので、みんな初めてのことばかり。

自分が出産したばかりの頃を思い出しちゃいました。

はじめて、自分たちだけで世話をする夜は、心配でまともになられないよね。

新生児期の子育てあるあるで、いろいろ共感してしまいました。

 

こんな風に夫婦二人でする子育てって素敵だなって思わずにいられなかったです。一番大変な時に、旦那さんが優しくしてくれるのって本当うれしいことですよね。

朝一の思いやりにジンとしてしまいました。

 

「セブンティウイザン」を無料試し読みする